会社

細かいものを見る

マイクロスコープとは

顕微鏡

マイクロスコープとは、パソコンやテレビのモニタに観察対象物の拡大画像を表示する装置です。現在開発されているマイクロスコープは、光学顕微鏡とCCDカメラを組み合わせたシステム比べると次の特徴があります。被写界深度が深い。深度合成や3D機能などで今まで見えなかったものを見ることができる。ズームレンズで一番見やすい状態を簡単に作れる。観察対象物の分解・切断・加工がいらない。斜めからの観察が容易。照明一体型で誰でも同じ画像を再現しやすい。本体に画像とテキストを保存できる。多人数で同時に観察できる。以上のような利点があり、工学的な観点から見れば、色むら検査、はんだ不良検査、一般的な探傷検査などの幅広い品質検査に利用することができます。

実際に製品を使用してみる

マイクロスコープは、観察対象物や使用用途により、各メーカーで様々な構成の製品が開発されています。そのため、マイクロスコープの使用を検討する場合は、まず、観察対象物や使用用途に応じた製品を作っているメーカーを探し出すことから始めます。メーカーを数社程度に絞り込めたら、次は製品デモをしてもらう、あるいはお試しのレンタルをさせてもらうのが良いでしょう。実際に、製品を見たり、使用してみたりすることで、一番目的に合致した製品を選びます。製品を選んだら次は、金額の面から購入するかレンタルするかを検討します。購入する場合は、故障した場合の保守や、今後メーカー側で機能強化する部分があるなら、本製品も低価格で機能強化できるかどうかなどを確認するのが良いでしょう。